リオ五輪

大統領代行、閉会式に出席せず…観客罵声回避か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【リオデジャネイロ朴鐘珠】ブラジルのテメル大統領代行は18日、リオデジャネイロ五輪の閉会式(21日)に出席せず、代わりにマイア連邦下院議長が出席すると発表した。五輪会場で記者会見して明らかにした。

 テメル氏は5日の開会式で観客から罵声を浴びており、各国に中継される閉会式で再び恥をかきたくないとの思惑があるようだ。

 ブラジルではルセフ大統領の弾劾裁判が大詰めを迎えており、今月末ごろに連邦上院で弾劾の最終採決がある。テメル氏はルセフ政権発足時から副大統領を務めていたが、弾劾を求める世論が高まるとテメル氏の所属政党は連立与党を離脱し、ルセフ氏弾劾の流れを決定づけた。

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文504文字)

あわせて読みたい

ニュース特集