メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戸塚洋二さんの顕彰碑

富士に建立へ ノーベル賞の梶田さんと共同研究 /静岡

富士市出身の戸塚さんの顕彰碑建立を承認した富士高同窓会の総会=富士市の交流プラザで

 ノーベル賞が確実視されながら、がんで亡くなった富士市出身の故戸塚洋二・東京大特別栄誉教授の業績をたたえた顕彰碑が母校の県立富士高に建立される見通しになった。事業を実施する同窓会「富友会」が20日の総会で承認した。碑には、東大の後輩でノーベル賞を受けた梶田隆章・東大宇宙線研究所長の「共同受賞したかった」などとした言葉も刻まれる見込み。

 県有地に個人の顕彰碑を建立するため、関係機関と調整が必要だが、「業績に加え教育にも貢献した」として…

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです