メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神鍋スイカまつり

祭典、早食い競争も 日高「かつての知名度取り戻す」 /兵庫

 豊岡市日高町栗栖野の道の駅「神鍋高原」で20日、「第1回神鍋スイカまつり」があり、早食い競争などがあった。神鍋高原のスイカは歴史が古く、出荷時期の遅さと甘さが特徴とされ、道の駅や生産者は「再びかつてのように有名にしたい」と意気込んでいる。

 道の駅によると、神鍋高原では戦後すぐからスイカが栽培され、2000年には作付面積約5ヘクタールで約116トンを出荷した。しかし担い手の高齢化や育て方の難しさ、さらには鳥取県産のスイカに押されるなどして、農家の戸数や作付面積は減少。もう一度神鍋スイカの知名度向上と地域…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです