メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小児がん征圧キャンペーン「生きる」

小児がん征圧キャンペーン 悩みや夢を語り合う 経験した子ら、キャンプで交流 八女 /福岡

子供たちはボランティアに肉などを焼いてもらいバーベキューを楽しんだ

 小児がんを経験した子供たちに楽しんでもらう「にこスマキャンプ」が20日始まり、会場となった八女市山内の県立ふれあいの家南筑後には参加者の歓声が響き渡った。最終日の21日は、同様の体験をした者同士で語り合う「お話会」などがある。

 26人の子供たちや、小児がん経験者として成人した運営スタッフ、ボランティアら計77人が集まった。初日は、それぞれの夢や目標を書いた色紙を模造紙に貼って一つの虹の絵を描くな…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「最終的には生活保護」 新型コロナでの困窮者支援で持論、野党から批判

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです