メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『ボクシングと大東亜』=乗松優・著

 (忘羊社・2376円)

戦後日本の歩み反映した東洋選手権

 戦後復興期の日本で、注目を集めたスポーツイベントがあった。ボクシング東洋選手権だ。この時、日本人の前に立ちはだかった強敵は、フィリピン人ボクサーだった。最高視聴率96%。なぜ東洋選手権は盛り上がったのか。そこに仮託された政治的意図と日本人のアイデンティティとは何だったのか。

 アメリカの植民地だったフィリピンは、米軍兵士を通じてボクシングを受容し、国際レベルの選手を輩出した…

この記事は有料記事です。

残り1221文字(全文1437文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 地震 大阪府北部、京都府南部で震度3 津波の心配なし
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]