メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『アントニウスとクレオパトラ 上・下』=エイドリアン・ゴールズワーシー著

 (白水社・各3672円)

様々な史料の解釈から事実に迫る

 男尊女卑が当たり前、男の浮気は大目に見られ、女の浮気には厳しい目が光る。そのような時代に、男と女の間に愛情が芽生えたとすれば、いかなるものであったのだろうか。

 21歳のクレオパトラが52歳のカエサルと出会ったとき、彼女はおそらく処女だったのではないか、と著者は推測する。姉弟婚の夫であるプトレマイオス13世は13歳にすぎず、しかもエジプトの覇権をめぐって対立していた。クレオパトラはなんとしてもカエサルの好意を勝ちとることに賭けていた。未熟だったろうが、聡明で美しかったから、世界の最高権力者にも抗しがたい魅力があっただろう。

 カエサルには妻がいたが、婚外交渉を気にとめることなどありえなかった。人妻をしばしば誘惑していたが、…

この記事は有料記事です。

残り1667文字(全文2009文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです