メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伯覧競記

リオ五輪・陸上 個の力 そろった

 <朝原宣治の伯覧競記(はくらんきょうき)>

 400メートルリレーの日本の走りはすばらしかった。4走のケンブリッジが追うジャマイカの背中があんなに近いなんて信じられない。米国(失格)より先着し、タイムも予選より縮めて37秒60。うまく4人が走ったし、攻めのバトンパスもできていた。

 個人種目でのファイナリストがいない中での銀メダルという結果の一因には、バトンパスのスムーズさがある。アンダーハンドパスは走りが乱れない。利得距離はオーバーハンドに比べて少ないが、手を伸ばして渡すことで改善された。1走の山県から2走の飯塚へのバトン渡しが少し遠くてヒヤッとしたが、他はよかった。

 日本の選手は、加速走は他国に遜色なく勝負ができる。スタートの部分は、山県がぴたりと合わせた。カーブに入っても見劣りせず、ほぼトップで走れていた。個の能力の高い選手が集まり、走順も選手の特色に当てはまっていた。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです