メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ファッション甲子園

柴田女子高、準優勝 観客賞など過去最多受賞 弘前 /青森

準優勝した柴田女子高の「モダンな花魁」

 高校生の感性を競う第16回全国高校ファッションデザイン選手権大会(略称・ファッション甲子園、弘前商工会議所など主催)の最終審査会が21日、弘前市民会館であった。28都道府県の32校35チームが争い、岐阜県の清凌高が初優勝。県内からは4校5チームが出場し、弘前市の柴田女子高が準優勝など四つの賞に輝いた。

 審査は、各チームが作った衣装を着たモデル担当メンバーが、新設のランウエー(長さ18メートル、幅3・6メートル)を歩くファッションショー形式で行われた。

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです