メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

リオ、日本最多メダル 五輪「国策」で躍進 予算最高324億円/「ゴールドプラン」

 リオデジャネイロ五輪は21日、閉幕する。日本選手団は20日終了時点で、過去最多のメダル総数41個(金12、銀8、銅21)を獲得。活躍を追い風に2020年東京五輪に向けて国策によるスポーツの強化が進みそうだ。大会は会場の空席が最後まで埋まらず運営トラブルも目立ったが、国際オリンピック委員会(IOC)の収入の柱となるテレビ放映権料は好調な数字が公表され、テレビに映る五輪は成功を収めている。【リオデジャネイロ藤野智成】

 日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は誇らしげに日本選手団の成績を総括した。「大きな成功を収めたと思う。20年東京五輪に向け、明るい兆しが見られた」。過去最多だった4年前のロンドン五輪のメダル総数38個(金7、銀14、銅17)を更新する活躍を評価した。

この記事は有料記事です。

残り1737文字(全文2078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「守ってあげれなくてごめんなさい」 急死の木村花さんの母がツイート

  2. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 自首の36歳、殺人容疑で逮捕 埼玉・富士見のマンション2遺体

  5. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです