メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
はたらく

ブラックバイト対処法

東京都労働相談情報センターのホームページで紹介されている「知らないと損する労働法」。アルバイトに多いトラブルの事例を動画で説明している

 夏休みにアルバイトを始める学生は多いが、違法な働かせ方をする事業者は少なくない。「ブラックバイト?」と感じても、適切な対応ができない実態もある。

 ●責任感につけ込む

 東京都内の大学生の男性(20)は昨年秋、東京郊外のラーメン店で週2日働いたが、繁忙期は朝9時から6時間以上働いても休憩のないことが度々あった。労働基準法違反だと知っていたが「大学とは違う人間関係も大切にしたくて」言い出せず、半年後、勉強が忙しくなり辞めた。離れて住む親には話していない。

 労働組合ブラックバイトユニオンには昨年約1500件の相談があった。飲食、小売り、塾などサービス産業…

この記事は有料記事です。

残り1233文字(全文1510文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです