訃報

吉田文雀さん88歳=人形浄瑠璃文楽の人形遣い

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
吉田文雀さん=福岡市で2010年、中曽根香撮影
吉田文雀さん=福岡市で2010年、中曽根香撮影

 人形浄瑠璃文楽の人形遣いで人間国宝の吉田文雀(よしだ・ぶんじゃく、本名・塚本和男=つかもと・かずお)さんが20日、心静止のため死去した。88歳。通夜は23日午後7時、葬儀は24日午前11時半、兵庫県西宮市城ケ堀町1の40の公益社西宮山手会館。喪主は長男宏(ひろし)さん。

 1945年に入門し、二代目吉田玉市の預かり弟子として吉田和夫と名乗って初舞台を踏んだ。50年に三代目吉田文五郎の門下となり、文雀と改名。主に女形遣いとして活躍し、見かけの派手さより、徹底した解釈と役の内面を重視した合理的な遣いぶり…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

あわせて読みたい

注目の特集