パラリンピック

運営危機 チケット売れず予算超過

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 9月7日に開幕するリオデジャネイロ・パラリンピックが財政悪化の影響で正常な大会運営が危ぶまれている。開幕まで3週間を切ったが、チケット販売が12%と低調なことに加えて政府やリオデジャネイロ市からの資金拠出が遅れている。懸念を募らせる国際パラリンピック委員会(IPC)は大幅な運営費削減に踏み切ったが、事態改善につながるかどうかは不透明だ。

 19日にリオ市内で行われた記者会見でIPCのクレーブン会長は「56年のパラリンピックの歴史でいまだかつてなかった出来事」と危機感をあらわにした。

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文709文字)

あわせて読みたい

注目の特集