メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美・BEAUTY

夏のネイル 水虫、カビに注意

爪水虫の例=仲弥院長提供

 高温多湿で菌が繁殖しやすい夏は、爪のトラブルにも注意が必要だ。水虫の菌(白癬(はくせん)菌)やカビにより爪が変色、変形することも珍しくないという。爪や足のケアについて聞いた。

 夏場に水虫になりやすいことは知られているが、爪の変色や変形を引き起こす「爪水虫」も実は多いという。日本臨床皮膚科医会による2007年の調査によると、全国の皮膚科を受診した約3万4000人のうち、およそ5人に1人が足の水虫、10人に1人が爪水虫だった。

 白癬菌は皮膚や爪に付着後、長時間放置されることで菌糸が細胞に侵入し、水虫となる。仲皮フ科クリニック…

この記事は有料記事です。

残り1329文字(全文1593文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです