メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統合失調症

大学受験、38歳で就職 フォーラムで体験談

「34歳で入学したけど、見た目は他の学生と変わらないかも」。大学時代のアルバムを眺める小山公一郎さん=埼玉県内で2016年8月20日、坂根真理撮影

 精神科病院への入退院を10年間繰り返した後に就職を果たし、38歳から遅咲きの社会人として歩み始めた統合失調症患者がいる。電気施工管理のCADオペレーターとして東京都内の企業で働く小山公一郎さん(40)で、専門家も「まれなケース」と称賛する。小山さんは26日、精神保健の関係者らが集う「リカバリー全国フォーラム2016」で体験を話す。

 学校でのいじめやストレスから、両親と弟に暴力をふるいだしたのは中学生の頃。壁には穴があき、父は暴力…

この記事は有料記事です。

残り727文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 中村哲さん、上皇ご夫妻と交流 今年3月にも懇談

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです