メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有機化学

山本・中部大教授に米アダムス賞…日本人2人目

ロジャー・アダムス賞に選ばれ、喜びを語る山本尚・中部大教授=東京都千代田区で2016年8月22日、千葉紀和撮影

 有機化学分野の世界的業績に贈られる米国化学会の「ロジャー・アダムス賞」に、米シカゴ大名誉教授の山本尚(ひさし)中部大教授(73)が選ばれた。山本教授は22日、東京都内で記者会見し、「大変な名誉。化学分野はまだ伸びしろがあり、新たなイノベーションを起こしたい」と抱負を語った。

     授賞式は来年4月。同賞は1959年に創設され、隔年で選ばれる。日本人では、ノーベル化学賞を受賞した野依良治(のより・りょうじ)名古屋大特別教授に次いで2人目。過去の受賞者29人中、野依氏を含む11人がノーベル化学賞を受賞している。

     山本教授は、物質同士の反応を活性化する触媒のうち、有機物質の炭素骨格を効果的に作り上げる上で重要な「ルイス酸触媒」研究で世界をリード。必要な有機化合物だけを取り出す「不斉合成」で炭素同士や炭素と窒素の結合を実現するなど、医薬品開発や精密化学工業の発展に大きく貢献した。

     また、金属に代わる毒性のない酸触媒の開発や、環境に優しい合成法も成功させた。

     神戸市出身で京都大卒。米ハーバード大院修了。ハワイ大准教授や名古屋大教授などを経て58歳で米シカゴ大教授に就任した。2010年から現職。今年5月に日本化学会会長に就任した。【千葉紀和】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
    2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
    3. EM菌 効果「承知していない」 環境相、否定的考え示す
    4. 警視庁 「地面師」聴取へ 積水ハウス55億円被害
    5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです