メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

献血

補助犬同伴者の受け入れへ…名古屋の施設で訓練

 名古屋市中村区名駅1のJRセントラルタワーズ20階にある「献血ルーム タワーズ20」で22日、補助犬を同伴した利用者の受け入れを想定した訓練が行われた。愛知県赤十字血液センターが企画し、日本介助犬協会(横浜市)のスタッフが介助犬を伴って実際に献血した。今後、一般の補助犬利用者を受け入れる。東海3県の献血施設では初めての取り組みという。

 同センターは今年4月の障害者差別解消法施行を受け、県内9カ所の献血施設で補助犬同伴を全面的に受け入れる態勢づくりを進めている。これまで補助犬は別室で待機してもらっていたが、採血室への同伴も可能にし、利用者に配慮する。

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  2. 少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです