メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飲酒影響事故

危険運転致死適用2割…立証難しく

4人が死傷した飲酒ひき逃げ現場の実況見分=北海道小樽市で2014年7月14日午後1時52分、石井諭撮影

 2015年に飲酒の影響を理由として自動車運転処罰法の危険運転致死罪が送検時に適用されたケースが、同年に発生した対人・対車両の飲酒死亡事故の約2割の18件にとどまることが毎日新聞の調べで分かった。14年5月の同法施行で危険運転致死傷罪の適用条件は緩和されたが、条文があいまいで立証が難しい状況が続いているとみられる。被害者遺族が同罪の適用を求めて訴因変更されるケースも相次ぎ、専門家から新たな法改正を求める声も出ている。

 警察庁などによると、昨年発生した全国の飲酒死亡事故は201件で、飲酒した運転手自身が死亡することが…

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1275文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
  4. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE
  5. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです