メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルよもやま話

掃除機ロボット「ルンバ」が作る未来は? アイロボットCOOに聞く

新型ルンバ(右)と床ふきロボットを手にするクリスチャン・セルダ米アイロボット社COO=東京都渋谷区で2016年8月4日、柴沼均撮影

 米アイロボット社の開発した掃除機ロボット「ルンバ」は、日本国内のロボット掃除機市場で約6割のシェアを占める。今やルンバは単に掃除するだけではなく、人工知能で最適な作業を行うナビゲーションシステムを搭載するようになった。新型の「ルンバ960」「ルンバ680」と床ふきロボット「ブラーバジェット240」を日本で26日から順次発売したのに合わせて来日した同社の最高執行責任者(COO)、クリスチャン・セルダ氏(46)に掃除機ロボットが作る未来について聞いた。【生活報道部・柴沼均】

 −−アイロボット社は多くのロボットを作っていますが、家庭用掃除機ロボット製造のきっかけは何ですか。

この記事は有料記事です。

残り1576文字(全文1864文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. ミスド元アルバイト男性が不適切動画 食材触れる
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫
  5. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです