メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ジオパーク

筑波山地域「1歩も2歩も進む」 現地審査で委員会が高評価 /茨城

筑波山の岩石や地形の特徴などについて説明を受ける日本ジオパーク委員会の審査員ら=つくば市沼田で

 筑波山地域の「日本ジオパーク」認定に向け、日本ジオパーク委員会(会長=尾池和夫・京都造形芸術大学長)が23日、筑波山周辺の見どころの見学や周辺自治体市長のヒアリングなど現地審査を行った。同地域は2014年に認定を見送られているが、審査員からは「2年前と比べて1歩も2歩も進んでいる」と高い評価を得た。

 日本ジオパークは、貴重な地層や地形、岩石などを含む自然公園。これまでに茨城県北を含む全国39地域が認定されている。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです