メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本ジオパーク

筑波山地域「1歩も2歩も進む」 現地審査で委員会が高評価 /茨城

筑波山の岩石や地形の特徴などについて説明を受ける日本ジオパーク委員会の審査員ら=つくば市沼田で

 筑波山地域の「日本ジオパーク」認定に向け、日本ジオパーク委員会(会長=尾池和夫・京都造形芸術大学長)が23日、筑波山周辺の見どころの見学や周辺自治体市長のヒアリングなど現地審査を行った。同地域は2014年に認定を見送られているが、審査員からは「2年前と比べて1歩も2歩も進んでいる」と高い評価を得た。

 日本ジオパークは、貴重な地層や地形、岩石などを含む自然公園。これまでに茨城県北を含む全国39地域が…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文556文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです