メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体験型ファッション講座

石州和紙で作品制作 きょうから特別展も 県立石見美術館 /島根

流木や石州和紙などを組み合わせた作品と意図を説明する参加者ら=島根県益田市有明町の県立石見美術館で、横井信洋撮影

 県立石見美術館(益田市有明町)で19〜21日、ファッションの分野で次世代育成を目指す体験型講座「ファッションクリエーター・トレーニング・ワークショップ」があった。デザイナー志望ら20〜30代の7人が参加。講師は京都府南丹市を拠点に活動する現代美術作家、前田征紀(ゆきのり)さん。参加者は「いわみのかみとみず」をテーマに、石州和紙を用いたアート作品を作った。

 前田さんは主宰する「コスミックワンダー」でファッションデザインを手掛け、美術作品から印刷物など幅広…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文568文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火
  5. なぜ暴言を繰り返す物議男が英首相になるのか ジョンソン氏を読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです