メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つなぐ

/17 深刻な若い世代の自殺 ネット活用し、悩んでいる人を支援 /香川

発言する伊藤次郎さん(中央)=東京都千代田区で、玉木達也撮影

 「我が国における若い世代の自殺は深刻な状況にある」

 今年度の自殺対策白書(厚生労働省)の指摘は、年代別の死因をみれば明らかだ。

 白書によると、2014年の15〜39歳の死因は1位が自殺。男女別でみると男性は10〜44歳まで、女性は15〜34歳まで自殺が1位だった。

 この現状に強い問題意識を持ったNPO法人のメンバーらが9月11日、東京都内で「第1回若者自殺対策全国ネットワークフォーラム」を開く。「活動から見えてきた若者の自殺の実態と課題について」というテーマで、リレートークなどを行い、「若者の自殺に対して私たちは何ができるのか」について話し…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです