メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

軍用ロボ、世界に拡散 人間介さずAI依存

2008年に実戦配備された準自動運転の軍用車「ガーディアム」。側面のドアを外すと運転席があり、一般車両のように運転することも可能だ=イスラエル南部の軍基地で2013年11月、大治朋子撮影

 イスラエルが人工知能(AI)搭載の軍事用ロボット開発で世界の最前線に立っている。2001年の米同時多発テロ後、ハイテク兵器を持たないテロリストとの「非対称戦争」に重心を置いてきた米国も、軍事システムの新たな開発を進めるロシア、中国への対抗上、技術革新の加速を迫られている。軍民両分野で過熱する世界規模のAI開発競争が、軍用ロボットの拡散を促している。【エルサレム大治朋子】

 「私の息子は(徴兵で)歩兵部隊にいる。息子が生まれた時、成長して軍に入るころにはロボットが戦闘最前…

この記事は有料記事です。

残り2568文字(全文2805文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです