メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「脱ゆとり教育」行方は

国会で答弁する馳浩文科相(当時)。この3日前、「脱ゆとり教育宣言」をした=2016年5月13日午後1時48分、藤井太郎撮影

 文部科学相が「脱ゆとり教育」を宣言した。5月の記者会見で馳浩文科相(当時)は、2020年度以降に実施される次期学習指導要領の改定に向けて「ゆとり教育との決別宣言を明確にしておきたい」と語った。なぜ今、「脱ゆとり」なのか。これからの教育に求められるものは何か。識者3人に聞いた。

 ゆとり教育の最大の反省点は、知識の役割を軽視し「知識か、思考か」「基礎・基本か、考える力か」という二項対立でとらえてしまった点だ。1989年改定の学習指導要領では、自ら学ぶ意欲や思考力などを学力の基本とする「新しい学力観」が強調されたが、知識が基盤としてなければ、考える力などつくはずもない。

 90年代を通じて「知識は古い」「ゆとりの中で生きる力を育む」などと言われ、学校での指導方法は大きく転換した。先生が教えるのではなく子供に気づかせるのが自力解決型の「良い授業」で、先生の役割は「指導」ではなく「支援」という考えが広まった。

この記事は有料記事です。

残り4137文字(全文4542文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、トレーニングで“継続は力なり”を実感「続けることが大切」

  2. 取り込み詐欺、6億円被害か 5容疑者逮捕 エアコンなど260台 /東京

  3. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  4. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  5. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです