メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

「脱ゆとり教育」行方は

国会で答弁する馳浩文科相(当時)。この3日前、「脱ゆとり教育宣言」をした=2016年5月13日午後1時48分、藤井太郎撮影

 文部科学相が「脱ゆとり教育」を宣言した。5月の記者会見で馳浩文科相(当時)は、2020年度以降に実施される次期学習指導要領の改定に向けて「ゆとり教育との決別宣言を明確にしておきたい」と語った。なぜ今、「脱ゆとり」なのか。これからの教育に求められるものは何か。識者3人に聞いた。

 ゆとり教育の最大の反省点は、知識の役割を軽視し「知識か、思考か」「基礎・基本か、考える力か」という二項対立でとらえてしまった点だ。1989年改定の学習指導要領では、自ら学ぶ意欲や思考力などを学力の基本とする「新しい学力観」が強調されたが、知識が基盤としてなければ、考える力などつくはずもない。

 90年代を通じて「知識は古い」「ゆとりの中で生きる力を育む」などと言われ、学校での指導方法は大きく転換した。先生が教えるのではなく子供に気づかせるのが自力解決型の「良い授業」で、先生の役割は「指導」ではなく「支援」という考えが広まった。

この記事は有料記事です。

残り4137文字(全文4542文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 副厚生労働相に三原じゅん子氏 がん克服 党女性局長など歴任

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです