メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

中国の新しい経済と古い経済=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 最近、中国で企業経営者と懇談する機会を得た。そこでの印象は、中国経済は成長減速が続いているが、新しい企業群と古い企業群がせめぎあっている構図が一層明確化しているということである。

 古い企業群は、言うまでもなく製鉄や化学、セメントといった素材・輸出企業が中心で、大量の過剰設備や過剰在庫、過剰債務を抱えて呻吟(しんぎん)している。設備廃棄や生産調整の必要性を十分認識してはいるが、その多くが国営企業であるためか、危機感は乏しく、いまだに世界需要の回復を期待する発言もあった。しばらくの間、中国経済の足を引っ張り続けるのであろう。

 一方、新しい企業群はネット技術を活用して中国の消費者の新しい需要の取り込みに成功し、自らも大きな企…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです