メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

クルド、支配地域獲得…アサド政権と停戦合意

 【カイロ秋山信一】シリア北東部ハサカで軍事衝突を続けていたアサド政権と少数民族クルド人民兵組織「人民防衛隊」(YPG)は23日、停戦協定を締結した。クルド系メディアによると、政権はハサカの支配地域を事実上YPGに割譲し、政府軍部隊や政権側民兵はハサカから撤退する。YPGは実効支配の拡大に成功。これまで内戦下でもシリア全土の支配権を主張してきたアサド政権にとっては大きな痛手となる。

 在英民間組織シリア人権観測所によると、政権とYPGがハサカの支配権を二分していたが、今月16日に軍事衝突が始まった。政権側はクルド人実効支配地域に内戦下で初めて空爆を実施したが、ハサカの大半を実効支配するYPGが優勢で、23日までにハサカのほぼ全域を制圧した。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです