食感とろっ 台湾へ輸出 山形・東根で選果作業始まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
台湾へ輸出するモモの表面を清掃する生産者ら=山形県東根市で2016年8月22日、藤井達也撮影
台湾へ輸出するモモの表面を清掃する生産者ら=山形県東根市で2016年8月22日、藤井達也撮影

 台湾に輸出する桃の選果作業が22日、山形県東根市中央東で始まった。東根の若手生産者5人でつくる「桃日和」の農家たちは、桃の表面に機械で風を当てて虫の卵や汚れなどを取り除いていた。

 2012年から台湾への輸出を開始。とろっとした食感で日持ちする「川中島白桃」を中心に、昨年より約0.3トン多い約1.5トンを出荷する予定。中秋節に…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

注目の特集