メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

渡り鳥ノビタキ

本州通らず中国へ 越冬地への経路解明

北海道のノビタキの渡りルート

 北海道で夏に繁殖する小型の渡り鳥「ノビタキ」は、本州を通らずに直接大陸へ渡り、人口の多い中国東部の華北平原を経由して越冬地のインドシナ半島や中国南部にたどり着くことが分かったと、日独豪の研究チームが発表した。経由地では食用に小鳥が大量捕獲されているほか、ノビタキの好む草地が農地に変わるなど生息環境の悪化が進んでおり、経由地での保護の必要性が判明したという。

 ノビタキは成鳥の体長が約13センチ、体重約15グラムで、スズメよりやや小さい。夏に北海道のほか本州の高原などで繁殖する。これまで本州伝いに南下して大陸へ渡るとみられていたが、小鳥のため追跡装置の装着が難しく、ノビタキの渡りルートが分かったのは初めてだという。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文628文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです