メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

多摩動物公園

雌のシカに角 研究者が注目

今年7月、立派な角が生えていたエリー=多摩動物公園提供

 多摩動物公園(東京都日野市)で5日、18歳で死んだシカの仲間、シフゾウの雌「エリー」に、雄にしか生えない、枝分かれした約40センチの角が生えていた。国内で飼育中のシフゾウで最高齢だった。年を取ると雄化する傾向のある動物がいることは知られているが、エリーの角は2度生え変わるなど、より雄に近い状態。高齢になってホルモンバランスが崩れたとみられ、研究者が注目している。

 シフゾウの雄は通常、1歳ごろに棒状の角が生え、2年目からは枝分かれし毎年、生え変わる。エリーは20…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文651文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです