カブトガニ

曽根干潟で400匹超死ぬ 海水温上昇影響か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カブトガニの死骸を前に、原因究明を訴える高橋支部長(右)ら=高芝菜穂子撮影
カブトガニの死骸を前に、原因究明を訴える高橋支部長(右)ら=高芝菜穂子撮影

 絶滅危惧種・カブトガニの国内最大の生息地、曽根干潟(北九州市小倉南区)で、今年1月以降、400匹以上のカブトガニが大量死している。年間に確認される死骸は平均で50〜60匹。急増した原因は不明だが、猛暑による海水温の上昇を指摘する声もある。

 日本カブトガニを守る会福岡支部の高橋俊吾支部長によると、沿岸に流れ着いた死骸は子供のカブトガニも多く、寿命では大量死の説明がつかない。2004年に約3…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

ニュース特集