連載

コトバ解説

毎日新聞デジタルの「コトバ解説」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

コトバ解説

「実印」と「認め印」の違い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「実印」と「認め印」の違い
「実印」と「認め印」の違い

重要な契約で使うハンコは1人で1個だけ どうやって決める?

モンゴメリー「崖から飛び降りる覚悟ヨッ!」
モンゴメリー「崖から飛び降りる覚悟ヨッ!」
ケビン「都知事選に出るノ?」
モンゴメリー「都知事選は先日終わったばかりでしょッ!新しいスキンケアグッズを月賦で買うのヨ!その覚悟ヨ!」
ケビン「へぇ……。大丈夫デスカ?そのグッズ……。契約書まであるジャナイ。そのハンコは『実印』?」
モンゴメリー「『実印』?」
ケビン「モォ……。『実印』と『認め印』について、勉強してオキマショウ!」
モンゴメリー「『認め印』?」
ケビン「都知事選に出るノ?」 モンゴメリー「都知事選は先日終わったばかりでしょッ!新しいスキンケアグッズを月賦で買うのヨ!その覚悟ヨ!」 ケビン「へぇ……。大丈夫デスカ?そのグッズ……。契約書まであるジャナイ。そのハンコは『実印』?」 モンゴメリー「『実印』?」 ケビン「モォ……。『実印』と『認め印』について、勉強してオキマショウ!」 モンゴメリー「『認め印』?」
今回のテーマは「実印」と「認め印」の違いです。

「実印」とは、市区町村に印鑑登録されたハンコのこと。
住民票のある自治体で登録し、印鑑登録証を発行してもらい、「実印」となります。

不動産の登記など重要な取引をする際、「印鑑証明書」を添付して「実印」を押します。
1人につき1個しか登録できません。
また、印鑑登録している自治体から引っ越す場合、転入先で新たに登録する必要があります。
今回のテーマは「実印」と「認め印」の違いです。 「実印」とは、市区町村に印鑑登録されたハンコのこと。 住民票のある自治体で登録し、印鑑登録証を発行してもらい、「実印」となります。 不動産の登記など重要な取引をする際、「印鑑証明書」を添付して「実印」を押します。 1人につき1個しか登録できません。 また、印鑑登録している自治体から引っ越す場合、転入先で新たに登録する必要があります。
なお、「実印」として印鑑登録するには
「一辺の長さ8~25ミリ」「氏名以外の事項を含まない」「印影が変形しにくい」
といったハンコでないといけません。ゴム印はNGの場合が多いようです。

これに対し「認め印」は、自治体に登録していないハンコのこと。
「実印」と違い、1人で何個持ってもOKです。
家庭用、職場用などと複数の「認め印」を持っている人も多いのではないでしょうか。

ちなみに「銀行印」は、銀行口座を開設する際に銀行に届け出るハンコです。

ケビン「『実印』や『銀行印』はそれぞれ登録や届出をしないと、意味がありませんのでご注意クダサイ。立派なハンコを作っても、登録しないと『実印』にナリマセンヨ」
なお、「実印」として印鑑登録するには 「一辺の長さ8~25ミリ」「氏名以外の事項を含まない」「印影が変形しにくい」 といったハンコでないといけません。ゴム印はNGの場合が多いようです。 これに対し「認め印」は、自治体に登録していないハンコのこと。 「実印」と違い、1人で何個持ってもOKです。 家庭用、職場用などと複数の「認め印」を持っている人も多いのではないでしょうか。 ちなみに「銀行印」は、銀行口座を開設する際に銀行に届け出るハンコです。 ケビン「『実印』や『銀行印』はそれぞれ登録や届出をしないと、意味がありませんのでご注意クダサイ。立派なハンコを作っても、登録しないと『実印』にナリマセンヨ」
モンゴメリー「このハンコじゃダメ?」
ケビン「印鑑登録していなければ、いまのところ『認め印』デスネ」
モンゴメリー「印鑑登録しようとしたら、窓口で断られたのヨ」
ケビン「いくらなんでも大きすぎデスヨ!」
モンゴメリー「そんなぁ!お気に入りのハンコなのにィ!」
モンゴメリー「このハンコじゃダメ?」 ケビン「印鑑登録していなければ、いまのところ『認め印』デスネ」 モンゴメリー「印鑑登録しようとしたら、窓口で断られたのヨ」 ケビン「いくらなんでも大きすぎデスヨ!」 モンゴメリー「そんなぁ!お気に入りのハンコなのにィ!」
モンゴメリー「『実印』は印鑑登録したハンコなのヨ」
モンゴメリー「『実印』は印鑑登録したハンコなのヨ」
では、今回のまとめです。
「実印」は、自治体に印鑑登録したハンコ。
「認め印」は、印鑑登録していないハンコ。
では、今回のまとめです。 「実印」は、自治体に印鑑登録したハンコ。 「認め印」は、印鑑登録していないハンコ。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集