メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

登山中のトラブル対処法 道迷ったら動き回らない

イラスト・深澤かんな

 今年から新たに祝日となった「山の日」(8月11日)の効果も手伝ってか、登山ブームが続いている。その一方で、滑落や道迷いなどの遭難事故も絶えない。そのような事故を未然に防ぐための入念な準備は当然として、実際に山中でトラブルが起きてしまった時にはどう対処すべきなのか。【井田純】

 長野、岐阜、富山3県にまたがる北アルプスの前穂高岳と奥穂高岳で14日、相次いで滑落事故が発生し、大阪府の公務員(64)と栃木県の会社員(49)が死亡した。

 「登山人口の増加に伴って、転倒や滑落事故が増えています」と話すのは、約2万人の会員を持つ「日本勤労者山岳連盟」の事務局長、川嶋高志さんだ。滑落事故は道迷いが引き金になったケースも多いと指摘する。「登山ルートを外れてしまって自分がいる位置が分からなくなり、ルートを探す中で沢筋に迷い込み、最後は滝で滑落してしまう、というケースが見られます」

この記事は有料記事です。

残り1999文字(全文2385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです