メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今村夏子さん

芥川賞候補「あひる」 ふとした瞬間、すくう見事さ

芥川賞候補「あひる」の著者・今村夏子さん=西本勝撮影

 先月行われた第155回芥川賞選考会で、受賞には至らなかったが選考委員の一部から高い評価を得たのが、大阪在住の作家、今村夏子さん(36)の「あひる」(『たべるのがおそい』創刊号)だった。

 芥川賞候補になったのは初めて。「候補になったこと自体が大きな喜びです」と語る。「あひる」は、自宅で飼う1匹のあひるを巡り、主人公とその家族、近隣の子供に訪れる悲喜劇や日常に潜む危うさが描かれる。自身が20歳過ぎ、あひるを飼う家の前を通りかかった。「その時の光景が残像として消えずメモに残した。それが作品の基になっている」

 選考委員の一人、小川洋子さんは選評を記す。「“ただそれだけのこと”の中に現れる、ふと、としか他に表…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 定食「やよい軒」、一部店舗でおかわり有料化 客から「不公平感」に意見
  3. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  4. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです