かながわ経済

リニア新幹線、新駅周辺整備始動へ 相模原市、補正予算案に6800万円 /神奈川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 相模原市はJR東海が2027年に開業を予定するリニア中央新幹線の途中新駅「神奈川県駅(仮称)」の周辺整備として、新駅と隣接するJR・京王橋本駅の間に設ける南口交通広場や国道16号など主要な幹線道路とのアクセス道路の予備設計費計6800万円を補正予算案に計上し、25日開会の9月定例市議会に提出する。

 新駅は橋本駅南口脇の県立相原高校の敷地(約11ヘクタール)に設置される。同高校が旧職業能力開発総合大学校(旧職大校)相模原キャンパス跡地に移転開校する19年4月以降、周辺の民有地を含めて業務ゾーンや産業集積ゾーンなどを確保する街区整備の区画整理…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

あわせて読みたい

注目の特集