メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

安保法、課題残し運用 駆け付け警護、訓練開始へ

 稲田朋美防衛相は24日、安全保障関連法に基づく新任務の訓練に着手することを表明し、自衛隊の活動は新たな段階に入る。国連平和維持活動(PKO)として南スーダンに11月から派遣する陸上自衛隊の交代部隊による新任務の訓練は9月中旬から本格的に始まる予定で、離れた場所で襲撃を受けたPKO関係者らを救援に向かう「駆け付け警護」が最初の任務付与になりそうだ。だが、南スーダンは治安悪化が懸念されており、隊員の安全を確保しつつ国民の理解をいかに得るかが課題となっている。

この記事は有料記事です。

残り2659文字(全文2889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  4. 「桜を見る会」名簿 廃棄は国会の追及直前だった 内閣府は「例年と同じ」

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです