北朝鮮ミサイル

安保理、非難声明出せず 一部反対で調整

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク國枝すみれ】北朝鮮による潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)発射を受け、国連安全保障理事会は24日、日米韓の要請を受け、非公開の緊急会合を開いた。北朝鮮を非難する報道声明に関し議論したが、安保理筋によると理事国の一部が反対し、同日は発表できなかった。報道声明は全安保理メンバーの合意が必要で、調整は今後も難航すると見られる。

 安保理議長国のマレーシアは多くの理事国が北朝鮮を非難したことを明らかにし、米国の報道声明案に基づき検討が続けられるとの見通しを示した。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文439文字)

あわせて読みたい

注目の特集