メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

作家の真継伸彦さん死去、84歳 仏教の本質に迫る

作家の真継伸彦さん

 仏教の本質に迫る小説などで知られ、社会問題や政治運動にも積極的に発言した作家の真継伸彦(まつぎ・のぶひこ)さんが22日、急性肺炎のため死去した。84歳。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長男陽壮(ようそう)さん。

 京都市生まれ。京大独文科でリルケを研究。卒業後、大学などに勤めながら創作を続け、1963年、一向一揆を題材にした歴史小説「鮫(…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 講談社の「本」休刊へ 理由の詳細説明は最終・12月号で 76年創刊

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです