NHK

「貧困女子高生」に批判・中傷 人権侵害の懸念も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
NHK放送センター=東京都渋谷区で2014年1月、山本晋撮影
NHK放送センター=東京都渋谷区で2014年1月、山本晋撮影

 子どもの貧困問題を扱ったNHKのニュース番組で体験を語った女子高校生について、インターネット上で「貧困ではない」「捏造(ねつぞう)だ」と批判する書き込みが相次ぎ、自民党の国会議員がNHKに釈明を求める騒ぎとなっている。ネット上には住所などとともに女子高校生の容姿を中傷する書き込みまでされ、人権侵害が懸念されている。

 NHKは今月18日の「ニュース7」で、神奈川県の設置した「かながわ子どもの貧困対策会議」が同日開いたイベントで発言する県内の高校3年の女子生徒を取り上げた。生徒は、経済的な理由から専門学校進学をあきらめたとして「夢を持っているのに、何で目指せないんだろう」と自分の境遇を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1275文字)

あわせて読みたい

注目の特集