メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・御堂筋暴走

過失運転致傷罪で有罪判決

「運転時に危険性の認識なかった」と危険運転致傷罪否定

 大阪・ミナミの御堂筋で2014年6月、低血糖症による意識障害の危険性を自覚しながらワゴン車を運転して3人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた男の判決公判が24日、大阪地裁であった。村越一浩裁判長は運転時に危険性への認識はなかったと判断し、予備的に問われた同法の過失運転致傷罪で禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年6月)を言い渡した。

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文574文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  2. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  3. 仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明
  4. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  5. 「諦めない」若者も抗議の声 土砂投入一夜明け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです