メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・御堂筋暴走

過失運転致傷罪で有罪判決

「運転時に危険性の認識なかった」と危険運転致傷罪否定

 大阪・ミナミの御堂筋で2014年6月、低血糖症による意識障害の危険性を自覚しながらワゴン車を運転して3人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた男の判決公判が24日、大阪地裁であった。村越一浩裁判長は運転時に危険性への認識はなかったと判断し、予備的に問われた同法の過失運転致傷罪で禁錮1年6月、執行猶予3年(求刑・禁錮1年6月)を言い渡した。

     無罪主張の弁護側は控訴する方針。

     判決によると、会社員の宮谷則幸被告(67)は14年6月30日、大阪市中央区の御堂筋で車を暴走、男女3人に重軽傷を負わせた。

     危険運転致傷罪の成立には、運転者が意識障害に陥る危険性を認識していたとの立証が求められる。検察側は宮谷被告が事故直前に血糖値を上げる効果があるどら焼きとジュースを口にしていたことなどから、「認識していた」と主張した。

     判決は、事故の約2時間前の測定で、宮谷被告の血糖値は高い値だった点などを踏まえ、「具体的な認識があったとは言えない」と指摘。危険運転致傷罪の成立を否定した。

     一方、宮谷被告は事故当時、無自覚性の低血糖症を発症していたと認定。過去にも意識障害に陥った経験があり、運転時にこまめに血糖値を測定する注意義務を怠ったと結論付けた。【向畑泰司】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
    2. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
    3. 世界の雑記帳 米女子生徒、祖父の遺灰入りクッキーをクラスメートに配る=警察
    4. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    5. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです