自衛隊・駆け付け警護

「引き金を引けるのか」訓練開始へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
PKO任務で幹線道路を整備する陸上自衛隊員たち=南スーダンの首都ジュバで2015年7月24日、川崎桂吾撮影
PKO任務で幹線道路を整備する陸上自衛隊員たち=南スーダンの首都ジュバで2015年7月24日、川崎桂吾撮影

隊員たちは自問、家族は「戦闘に巻き込まれないか」

 戦後1発の銃弾も撃っていない自衛隊が、安倍政権のもとで未知の領域へ踏み込む。国連平和維持活動(PKO)で南スーダンに派遣される陸上自衛隊に、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」が新たな任務として11月にも課され、訓練が始まる。隊員たちは「人に向けて引き金を引けるのか」と自問し、家族は「戦闘に巻き込まれるのでは」と不安を口にする。

この記事は有料記事です。

残り1723文字(全文1914文字)

あわせて読みたい

ニュース特集