原子力規制委

強度不足の鋼材 原発調査を指示

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 フランスの原発で強度不足の可能性がある鋼材が使われていることが分かったため、原子力規制委員会は24日、国内の原発で同じ鋼材が使われていないか調べるよう、各電力会社に指示することを決めた。10月末までに報告するよう求めている。

 問題の鋼材を使い、原発の部品を製造しているメーカーはフランスと日本の2社…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

あわせて読みたい

ニュース特集