メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度花咲かせよう

立ち位置と年齢の再確認=残間里江子

 リオデジャネイロ五輪の中盤、日本中がメダルラッシュに沸いている時、私は病院のベッドの上にいた。膝の半月板が損傷したため切除手術をしたのである。

 手術は内視鏡を使ったこともあって30分程度で終わったのだが、傷は小さくとも手術は手術、術後1日はほとんど動けない状態だった。

 2日目もベッドから1・5メートルしか離れていないトイレにも車椅子で行かなければならず、ベッドから車椅子に乗り移るのも看護師さんを呼ばなければならなかった。

 日ごろは午前1時過ぎに寝て午前4時半ごろには起きていたので、病院での夜はとてつもなく長かった。かと…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文697文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです