メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/41止 江戸グルメ 息づく歴史かみしめ /東京

酒屋時代からの歴史が詰まった鍵屋の店内と7代目店主、清水賢太郎さん=台東区根岸3で

 「五歩に一楼、十歩に一閤、みな飲食の店ならずということなし」。御家人で文人の大田南畝(おおたなんぽ)(1749〜1823年)が随筆「一話一言」で江戸の特色をこう表現した。町内を歩けば5歩ごとに小さな飲食店、10歩ごとに大きな飲食店があるという意味だ。大坂の歌舞伎狂言作者、西沢一鳳(いっぽう)(1802〜53年)は江戸に出てきて「一町内に半分は食い物屋なり」と随筆「皇都午睡(みやこのひるね)」に記している。

 時代小説「鬼平犯科帳」(池波正太郎著、文春文庫)はグルメ都市・江戸の描写も豊富だ。

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1536文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです