メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鬼平を歩く

江戸・東京今昔/41止 江戸グルメ 息づく歴史かみしめ /東京

酒屋時代からの歴史が詰まった鍵屋の店内と7代目店主、清水賢太郎さん=台東区根岸3で

 「五歩に一楼、十歩に一閤、みな飲食の店ならずということなし」。御家人で文人の大田南畝(おおたなんぽ)(1749〜1823年)が随筆「一話一言」で江戸の特色をこう表現した。町内を歩けば5歩ごとに小さな飲食店、10歩ごとに大きな飲食店があるという意味だ。大坂の歌舞伎狂言作者、西沢一鳳(いっぽう)(1802〜53年)は江戸に出てきて「一町内に半分は食い物屋なり」と随筆「皇都午睡(みやこのひるね)」に記している。

 時代小説「鬼平犯科帳」(池波正太郎著、文春文庫)はグルメ都市・江戸の描写も豊富だ。

この記事は有料記事です。

残り1289文字(全文1536文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです