大分・潜水事故

潜水士3人死亡、責任者を不起訴 地検処分 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2012年3月に津久見市保戸島沖で潜水士3人が死亡した事故で、大分地検は25日、業務上過失致死容疑で書類送検されていた潜水工事会社の当時の社長で作業責任者だった男性(65)を嫌疑不十分で不起訴処分とした。

 事故は12年3月17日朝、ブイ撤去工事の現場の水深約57メートル地点で発生。大分海上保安部は…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

あわせて読みたい

注目の特集