連載

発信箱

毎日新聞デジタルの「発信箱」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

発信箱

「辺野古」の行方=佐藤千矢子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 沖縄県と国が対立し、米軍普天間飛行場の辺野古移設問題は先行きが見えない。その中で「はっきりしていることが二つだけある」と沖縄選出の野党国会議員は言う。

 「一つは、辺野古の裁判は国が勝つ可能性が高いということ。もう一つは、たとえ国が勝ったとしても、辺野古移設はできないということだ」

 辺野古の埋め立てをめぐり、国が沖縄県の翁長雄志知事を相手取った違法確認訴訟が結審し、9月16日に判決が言い渡されることになった。政府は勝訴に自信を持っている。いずれにしても、最高裁までもつれ込むのは確実だ。

 議員が、裁判の結果にかかわらず「辺野古移設は実現しない」と言い切る理由は明快だ。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文658文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集