メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひまわりEYE

黒幕「モンスーン渦」

台風9〜11号が発生する前後の日本の南海上の大気追跡風の様子(矢印)。破線の内側がモンスーン渦=気象庁衛星センター提供の大気追跡風データを元に琉球大作成

 8月19〜20日に三つの台風が立て続けに発生した。台風9号は関東に上陸して列島を縦断、11号は北海道に上陸し、10号は日本の南を迷走している。なぜ複数の台風が同時に発生するのか。「モンスーン渦」という黒幕が関係している。

 モンスーン渦とは、日本の南海上で真夏に発生する低気圧のことである。直径約2500キロと、台風よりひと回り大きく、反時計回りの風を伴う。太平洋高気圧が弱まると出現し、2週間ほど持続する。渦の中で台風が次々と発生する。

 気象庁はひまわり8号の画像を使い、雲の動きから風の向きと強さを推定する。これを大気追跡風と呼ぶ。図…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです