メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島知事

川内原発の停止と再点検申し入れ 九電社長に

 鹿児島県の三反園訓(みたぞの・さとし)知事は26日、県庁で九州電力の瓜生(うりう)道明社長と面会し、「熊本地震で県民の不安が高まった」として川内(せんだい)原発(同県薩摩川内市)を一時停止し、再点検するよう申し入れた。東京電力福島第1原発事故を受けた新規制基準の施行後、知事が稼働中の原発の停止を要請するのは初めて。

 知事に原発を停止させる法的権限はなく、九電は停止要請に応じないことを9月初旬までに知事に伝える方針。ただ九電は要請とは関係なく、川内1号機は10月6日から、2号機は12月16日から原子炉を停止して定期検査する予定だ。このため、九電が約2カ月後に予定通り運転を再開させるかが大きな焦点となる。

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  3. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  4. 安倍前首相公設第1秘書ら聴取 「桜を見る会」前夜祭差額補塡か 東京地検

  5. #生きるのがつらいあなたへ フリーアナ時代にストーカー被害、ネット中傷…自分の「葬式」出した僧侶・高橋美清さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです