全日空

787エンジン欠陥 50機改修、1日10便欠航

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 全日本空輸は25日、ボーイング787に使われている英ロールスロイス社製のエンジンに見つかった欠陥を改修するため、所有する全50機のエンジン部品を順次交換すると発表した。今年2月以降、エンジン部品の一部が破断するトラブルが3件続いていた。

 全日空によると、国際線が37機、国内線が13機。既に改修に着…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

あわせて読みたい

ニュース特集