メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

薬物依存症対策どうなってるの? /大阪

早期から必要な機関に プログラムやネットワーク構築

 なるほドリ 元スポーツ選手や芸能人が逮捕される度に注目される薬物事件。依存症対策はどうなってるの?

 記者 覚醒剤や大麻などの薬物依存症は完治しにくく、息の長い治療が必要です。府内では、2014年度から今年度まで国のモデル事業で、府立精神医療センター(枚方市)を依存症治療拠点機関として、相談窓口の設置や入院・外来対象の治療プログラムを実施しています。また、医療、福祉など各関係機関によるネットワークの構築が進められています。

 Q 治療プログラムはどうなっているの。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  3. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 岸田派宏池会に“建設的反主流派”の役割を期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです