メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

石見神楽、福島で舞 あす、復興イベントに出演 益田の団体「大蛇」を上演 /島根

大蛇の動きを確認しながら練習する神和会のメンバーたち=島根県益田市久々茂町で、横井信洋撮影

 益田市内の12の神楽団体(社中)でつくる「益田石見神楽神和(しんわ)会」が28日、福島市で開かれる東日本大震災の復興イベント「未来の祀(まつ)りふくしま2016」に出演し、石見神楽で最も人気のある演目「大蛇(おろち)」を上演する。参加メンバー16人の多くは20〜30代。会長の三原董充(ただみつ)さん(73)は「復興の担い手は若者。頑張って舞う若手の姿を見て何かを感じてほしい」と話している。【横井信洋】

 神和会は震災翌年の2012年以降、会津若松市や郡山市など請われて福島県内の復興イベントに出演してお…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文511文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです