メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サントリー地域文化賞

黒潮「砂浜美術館」受賞 活動28年、海岸Tシャツアート展など評価 /高知

Tシャツアート展で、潮風にひらひらと揺れる作品=高知県黒潮町入野の入野海岸で2016年5月、真明薫撮影

 地域文化の発展に貢献した個人や団体を表彰する今年の「サントリー地域文化賞」に、県内から黒潮町の「砂浜美術館」が選ばれた。25日にNPO法人砂浜美術館の村上健太郎理事長(40)らが県庁で受賞報告の記者会見に臨み、受賞を喜んだ。【柴山雄太】

 砂浜美術館は、「私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。」をモットーに、1989年から黒潮町の入野海岸で「Tシャツアート展」を開くなど、地域資源を生かした活動を続けている。

 今回の受賞は住民が親しんできた砂浜を美術館に見立て、「日常の中に美や面白さを見つけ展示して見せる」取り組みが、既成概念を超え、遊び心に満ちた新しい地域づくりとして高く評価された。

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです